妊娠中はカルシウム摂取が必要?

 

妊娠中 カルシウム

 

妊婦さんはカルシウム不足になりやすいことを知っていますか?

 

カルシウムとは骨や歯の元となるミネラルのことです。

 

カルシウムは、赤ちゃんの身体が出来上がるのにたくさん必要となり、妊娠すると不足すると言われています。

 

そこで、カルシウムの必要性と摂取方法を知ることから始めます。

 

カルシウムが骨や歯を作っているのは知っていますが、ではカルシウムっていったいのどこにあるのでしょうか?

 

体内にあるのカルシウムは、ほとんどが骨として蓄えられています。

 

でも一部のカルシウムは、血液の中や細胞の内にも存在し、身体を維持するのに大切な役割を担っています。

 

 

ですが、現在は妊娠中にカルシウムを余分に摂取する必要はないことがわかってきました。

 

妊娠中は、カルシウムの吸収率が妊娠前よりも約2倍になるそうです。

 

妊娠中はエストロゲンや活性ビタミンDなどが上昇し、カルシウムが腸管から吸収されやすくなります。

 

 

ただ、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)と言った胎盤の機能が低下している時は違います。

 

カルシウムの吸収率が上がらないので、妊娠前よりたくさんカルシウムを摂取する必要があります。

 

 

妊娠中にカルシウムを余分に摂取する必要がないこと話しましたが、これはあくまでも充分にカルシウム量がある場合に限ります。

 

18〜29歳のカルシウムの摂取推奨量は、厚生労働省の食事摂取基準では650r/日としていますが、平成25年度の国民健康・栄養調査では425r/日となっていて、厚生労働省の基準とは異なります。

 

つまり、225r/日も不足していることになります。

 

妊娠中はカルシウムをたくさん取るためにも、普段の食事を少し見直してみましょう。

 

ママと赤ちゃんに安心な葉酸サプリメント

 

トップページでは妊娠期に欠かせない葉酸サプリメントをご紹介しています。

  • 葉酸サプリメントはどれがおすすめ?
  • 何を基準に選んだらいいの?

などを分かりやすく解説しています。

 

⇒TOPページへ